NEWS 2021

看護 2021.06.28

「潜在看護師」を対象としたワクチン接種の研修会を開催(滋賀県)

滋賀県では、7月から始まる
新型コロナウイルスワクチンの大規模接種に向け、
「潜在看護師」を対象にした研修会を開き、
接種の加速化を進めることにしています。
 
滋賀県では、7月10日から大津市と彦根市の
2ヶ所で大規模接種が始まる予定で、
接種の担い手として、今は現場を離れている
いわゆる「潜在看護師」が協力することになっています。
 
現場の感覚を取り戻してもらおうと、
6月23日に県庁で開かれた研修会には
50人あまりが参加し、
まずは接種が特殊な筋肉注射であることや、
接種の方法などを映像で確認。
その後、2人1組になって実技演習を行い、
針を刺す場所や角度の確認などが行われました。
 
県では今後も希望者に研修を行う一方、
接種の担い手が不足している自治体への派遣も
検討しているということです。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る