NEWS 2021

医療 2021.07.05

在宅介護を受ける高齢者などを対象に、ワクチンの訪問接種を開始(東京都江戸川区)

東京都江戸川区では、7月1日から、
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種ができていない在宅要介護者などを対象に、
医師や看護師が自宅に訪問して接種をする巡回接種を開始しました。
 
江戸川区では先月、ワクチン接種ができていない高齢者などの状況を調査。
その結果、ワクチン接種を希望しているにも関わらず、接種できていない人は
区内に約120人いることが明らかになりました。
希望者がワクチンを確実に接種できるよう
介護事業所や訪問医などに協力をあおいだところ、
訪問接種の支援に繋がり、今回は約30人が巡回接種の対象となりました。
 
今後も江戸川区では、本取り組みを進めていく予定。
江戸川区介護保険課の安田健二課長は、
「区医師会と協力し、接種が困難となっている方を誰一人取り残さないように、
きめ細やかに対応していきます」と話しています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る