NEWS 2021

看護 2021.07.28

7/31(土)締切 「看護業務の効率化 先進事例アワード2021」への参加施設を募集中(日本看護協会)

現在、日本看護協会では7月31日(土)まで、
「看護業務の効率化 先進事例アワード2021」への応募を募っています。
 
募集しているのは、医療機関・介護保険施設等において、
直近3年以内に看護業務の効率化において優れた成果・効果を挙げている取り組みや、
それにより医療・看護サービスの充実を実現した取り組みなど。
 
看護業務の効率化における先進的な取り組みを広く周知し、
看護職がより専門性を発揮できる働き方の推進や
生産性・看護サービスの質向上を図ることを目的にしています。
取り組み内容は動画や事例集などにまとめる予定です。
 
【募集概要】
募集締切:7月31日(土)当日消印有効
募集対象:看護職が勤務している医療・介護保険施設等
(直近3年以内に看護業務の効率化において優れた効果・成果を挙げた取り組み)
募集単位:施設もしくは部署(病棟)単位による応募が可能
募集内容:看護業務効率化の取り組みについて、医療安全が損なわれていない、
かつ先進的・先駆的であることを前提に、以下4つの取り組みを募集。
・業務改善部門
・タスクシフト・多職種連携部門
・AI・ICT等の技術の活用部門
・その他の工夫部門
 
【選考および表彰式について】
選考期間  :2021年8月~9月
選考結果通知:2021年10月中旬以降
表彰式   :2021年12月、都内似て実施予定。
 
「看護業務の効率化 先進事例アワード2021」についての詳細はこちらから
 
【応募方法】
「応募申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、
郵送または電子メールにて日本看護協会事務局まで送付。
※応募には必ず施設責任者の同意として署名・押印が必要です。
 
▼署名・押印が必要な応募申込書1枚目の対応について
①電子メールで送付する場合
WORDファイルとPDFファイル(署名・押印済みのもの)を添付しお送りください。
 
②郵送で送付する場合
署名・押印いただいた「応募申込書」1枚目のみ郵送。
※②を選択する場合、WORDファイルをお送りいただく電子メールの本文中に
その旨をご記載ください。
 
募集要項や応募申込書についてはこちらからご確認ください。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る