NEWS 2021

福祉 2021.08.16

青森県の交通事故死亡者 75%が高齢者

青森県警は、令和3年上半期の交通事故発生状況と
過去5年間の下半期の特徴について報告しました。
 
報告によると、今年上半期の青森県内の
交通事故死亡者数は12人。
そのうち65歳以上の高齢者が9人と75%を占めており、
全国平均速報値の57.1%を上回っていることがわかりました。
 
過去5年間の下半期は
7月以降、日照時間が短くなるにつれて
夜間の死亡・重症者数が増加する傾向にあります。
そのため県警は
「明るい色の服装、反射材グッズを身に付けるなど
事故防止に努めてほしい」
と注意を呼び掛けています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る