NEWS 2021

福祉 2021.08.30

高齢者の新たな移動手段「グリスロ」の実証実験がスタート(千葉県)

千葉県館山市富崎地区で28日、
時速20キロ未満の小型電動車両で地域内を回る
「グリーンスローモビリティ(グリスロ)」の
実証実験がスタートしました。
 
実証実験は9月9日までを予定。
7人乗りの小型電気自動車(EV)を使用して
公民館やスーパーなどを巡回し、利便性や需要を検証します。
 
市内でも高齢化率が高い同地区。
急な坂や狭い道路も多く、住民からは以前より、
「坂の上のバス停に行くのが大変」
などの声が上がっていました。
 
グリスロの活用で利便性の向上や地域活性化につなげようと、
市民有志からなる「公共交通/便利な乗り物を考える会」(鈴木隆史会長)が、
千葉トヨペットなどの協力を得て実施にいたりました。
 
鈴木会長は
「ゆっくり走るので道端にいる人との会話もでき、
コミュニケーションの手段にも使える。
大勢の人に乗ってもらい、世界一便利で幸せな車に育てたい」
と話しています。
 
 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る