NEWS 2021

福祉 2021.09.13

高齢者にスマホ貸出 情報格差の解消をめざす(東京都)

東京都渋谷区で、
スマートフォンやパソコンなどを持たない高齢者の
情報格差解消に向け、
スマホを貸し出す実証事業が始まりました。
 
スマホの配布は今月6日からスタート。
65歳以上の区民のうち
参加希望の約1700人を対象に2年間貸与します。
使い方を解説するスマホ講座も同日に開始し、
12月まで4回にわたって行われる予定です。
 
貸し出すスマホには、
「LINE」や防災アプリなどがダウンロードされており、
通信料や通話料は区が負担。
いつでも問い合わせが可能な専用コールセンターも
設置しています。
 
東京都でも早ければ10月から、
都内の高齢者に向けてスマホの貸与を開始予定。
貸出期間は1カ月で、
今年度中に延べ1000人以上の利用をめざします。
 
都の担当者は
「コロナでデジタル化は必然となった。
そこから誰一人取り残さないようにしたい」と話しています。 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る