NEWS 2021

福祉 2021.10.18

高齢者施設での面会制限を緩和(大分県)

大分県は15日、新型コロナウイルス感染者の減少傾向を踏まえ、
面会制限を緩和する新たな目安を公表。
以下の3項目を満たせば面会は問題ないとして
県内の719の施設に通知しました。

・県内の感染状況が「ステージ1」であること
・面会者が、直近で緊急事態宣言の対象地域を訪れたり、そうした地域の人と濃厚接触したりしていないこと
・施設入所者と面会者の双方が、2回目のワクチンを打って10日以上経過しているか、
 PCR検査や抗原検査で陰性を確認していること

会見で、県福祉保健部の工藤哲史審議監は
「家族や知人とじかに会えるのは、心身の健康の維持にもつながるはずだ。
あくまで目安なので、各施設に適した面会方法を模索してほしい」
と話しました。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る