NEWS 2021

看護 2021.10.27

締切迫る! 最優秀賞には20万円「忘れられない看護エピソード」募集中(日本看護協会)

日本看護協会では、ナイチンゲールの誕生日が5月12日であることにちなんで
毎年5月に「看護の日・看護週間」事業を行っています。
当事業の一環として2011年から開催されているのが
「忘れられない看護エピソード」です。
 
看護を通して得られた忘れられない思い出やエピソードを
看護職の方から募集する当イベントでは、
これまでに入賞作品の一部を楽曲化やドラマ化してきました。
2022年度では、「いのちを守り、支えるプロフェッショナル」と題して
エピソードの募集が開始しています。
最優秀作品には賞金として20万円が贈られ、
エピソードがアニメーション化されるそう。
 
募集締め切りが10月29日(金)と迫っています!
看護職の皆さんの心に残っているエピソードを、ぜひ応募してみてください。
 

【募集要項】

・募集内容
看護職は、医療の視点だけではなく、生活の視点を持ち“人”をみる専門職です。
日々実践している看護から、プロフェッショナルとしての看護職の専門性や魅力を、
次世代を担う若い方々に伝えるエピソードを募集します。
 
・募集対象
看護職
※過去に看護職に就いていた方も応募が可能です。
 
・賞金
最優秀賞(1作品)  20万円 
内館牧子賞(1作品) 10万円
優秀賞(1作品)   10万円
 
・審査員
特別審査員 内館牧子さん(脚本家)
厚生労働省、日本看護協会関係者などで審査
 
・応募締切
10月29日(金)※当日消印有効
 
・募集方法
Webもしくは郵送にてご応募ください。
応募方法の詳細はこちらから。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る