NEWS 2021

医療 2021.11.12

乳がんの遺伝子検査が公的医療保険の対象に(厚生労働省)

10日、厚生労働省は
乳がんの遺伝子検査「オンコタイプDX」について、
公的医療保険の対象とすることを決定しました。

ホルモンに反応してがんが増殖するタイプの
早期患者が検査の対象となっており、
12月より保険適用となります。

検査では、採取したがん組織から、
再発に関わる21種類の遺伝子を解析し、
再発リスクを点数化。
この点数は、手術後に抗がん剤治療を
行うかどうかの判断目安となります。

検査の総額は44万5000円で、
医療費の自己負担に上限を設ける
「高額療養費制度」により、
患者負担は抑えられる見込みです。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る