NEWS 2021

看護 2021.11.15

看護業務の効率化 先進事例アワード2021 受賞9施設が決定(日本看護協会)

日本看護協会は、「看護業務の効率化 先進事例アワード 2021」
受賞 9 施設を決定しました。
今回、全国44件の応募の中から最優秀賞に選ばれたのは、
東京都立小児総合医療センター(東京都)です。
 
本アワードは、厚生労働省補助金事業
「看護業務効率化先進事例収集・周知事業」により実施。
看護職が勤務している医療・介護保険施設等において
看護業務の効率化に優れた成果を上げ、
医療・看護ケアサービスの充実を実現した取り組みを募集、表彰するものです。
 
表彰式ならびに事例報告会は、
2021年12月22日(水)に都内にて開催。オンライン配信を行います。
当日は、過去受賞した取り組みを試行的に実施する 2 施設から
実施状況についての報告も行われます。
 
【開催概要】
 
■開催日時
2021年12月22日(水)13時30分~16時
 
■開催方法
WEB開催
※Zoomウェビナーで表彰式・事例報告会の模様をオンライン配信
 
■プログラム
第一部 受賞施設の表彰式
第二部 受賞施設および試行支援事業に参加する施設による事例報告
事例報告する6施設との交流(参加者から質問を受け付けます)
 
■申込方法
専用ページからお申し込みください。
視聴登録フォームはこちら

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る