NEWS 2021

医療 2021.12.10

「第6波」に備え 保険・医療定型体制確保計画を公表(厚生労働省)

7日、厚生労働省は新型コロナウイルス感染症の
「第6波」に備えて都道府県が策定した
「保険・医療提供体制確保計画」を公表しました。
 
同計画には、第5派のピーク時に比べ、
3割増の3.7万人が入院できるコロナ病床を確保したことや、
医療がひっ迫した医療機関へ医師や看護師を
派遣する体制を整えることなどが記されています。
派遣には、全国約2千の医療機関、
約6千人の意思や看護師が協力する予定です。
 
後藤茂之厚労相は記者会見で、
「条件が変われば計画を総合的な観点から見直す。
臨機応変に進めたい」と話しました。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る