NEWS 2021

福祉 2021.12.17

高齢者施設の面会について、事例集を通知(厚生労働省)

15日、厚生労働省は
高齢者施設における面会実施の資料として
「高齢者施設にいけるワクチン接種歴等を踏まえた
面会の係る事例集について」という通知を発出しました。
 
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、
一時高齢者施設での面会が原則として中止されていましたが、
同省は11月に出した通知で入所者と面会者がワクチンを
接種済みの場合、または検査での陰性が確認できる場合、
対面による面会の実施も認めるように促していました。
 
通知では「入所者と面会者が
ワクチン接種済みの場合は居室で対面、
それ以外の場合はホールでアクリル板越しに対面する」
などの事例集が紹介されています。
 
同省は、「今回お示しした事例は、各施設等で面会の実施方法を
検討する際に参考となるよう、例としてお示ししたものであり、
本事例に基づいて実施することを求めるものではありません」
「入所者及び面会者の体調やワクチン接種歴、
検査結果等も考慮して、管理者が、面会時間や回数、
場所を含めた面会の実施方法を判断するようお願いいたします」としています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る