NEWS 2021

医療 2021.12.27

高齢者らのワクチン3回目接種 都内で前倒し(東京都)

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について
政府は、2回目との間隔を原則8カ月から6カ月に短縮する対象を
医療従事者に加え、高齢者施設の入居者、利用者、施設従業員などにも
広げる方針を示しています。

これを受け、都内でも当初の予定を前倒し、
高齢者施設の入居者への3回目の接種をすでに始めた、
または年内に始める予定だという自治体が出てきています。
目黒区、世田谷区、江戸川区では、
当初の予定より最大2か月程度、
ほかの自治体でも1か月程度前倒しになっています。

オミクロン株の市中感染とみられるケースも相次ぐ中、
政府は今後も、高齢者などへの3回目のワクチン接種
を急ぐこととしています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る