NEWS 2022

介護 2022.01.31

「抱え上げない介護」の推進を強化(滋賀県)

滋賀県社会福祉協議会では、
介護する人とされる人の双方に負担のない
「抱え上げない介護」を推進しています。
この度、県内初となる「抱え上げない介護推進事業所」として、
2つの介護事業所での推奨を決定しました。

移乗介助や入浴介助など、
ケアを受ける人を抱え上げる場面が多くある介護現場。
腰痛に悩まされる職員が多くいるなど、
課題の一つとなっています。

同会が推進する「抱え上げない介護」は、
福祉用具の活用や身体の使い方といった技術に加え、
職場全体で腰痛リスクを低減してゆとりあるケアを提供し、
介護現場を安全で快適なものに変えていくための新たな取組みです。

同会では今年度から
「抱え上げない介護推進事業所推奨事業」を開始して
取り組みの普及・促進を強化し、
ほかの施設にも採り入れるようアピールしていく方針です。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る