NEWS 2022

福祉 2022.04.20

特別支援学校がパラスポーツ活動の場に 事業実施校として2校追加(東京都)

4月15日、東京都は令和4年度における
特別支援学校活用促進事業の事業実施校を公表し、
新たに2校を加えた29校が
対象校となることを明らかにしました。

特別支援学校活用促進事業とは、
障がいのある方や障がい者スポーツ競技団体等が
身近な地域でスポーツ活動を行えるよう、
特別支援学校の体育施設を貸し出すという事業です。

学校教育活動に支障のない範囲で
平日夜間や土日祝日に
特別支援学校の体育館等を開放し、
活用を促進しています。

令和4年度は、
・品川特別支援学校
・東久留米特別支援学校
の2校が新たに事業実施校として加わりました。

ただし、新型コロナウイルス感染症の拡大防止等の観点から、
事業の開始時期が学校ごとに異なる場合や
事業が中止となる場合などがあるとのことです。

事業実施校の一覧はこちらから

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る