NEWS 2022

福祉 2022.04.25

「eスポーツ」で高齢者らの介護予防を目指す(仙台市)

仙台市で、対戦型ゲームを競技として行う「eスポーツ」を
高齢者らの介護予防に役立てるための取り組みがスタートしました。

本取り組みは、仙台市、NTT東日本、東北福祉大学などが企画。
実証実験では、仙台市台原老人福祉センターを主な会場として
全3回の体力測定などのテストと全7回のeスポーツ体験を実施し、
体力やコミュニケーション能力の変化を検証していく予定です。
さらに実証実験参加者らに向けた
デジタル機器の体験コーナーの設置も予定されています。

今回の実証実験を通して、
高齢者の日常生活に効果的にeスポーツを取り入れたり、
デジタルデバイドの解消を推進したりして、
高齢者の健康増進や生活の質向上を目指しています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る