NEWS 2022

医療 2022.05.13

子どもの急性肝炎 国内で新たに4人(厚生労働省)

5月6日、厚生労働省は、
海外で急増している原因不明の子どもの急性肝炎について、
原因不明の急性肝炎に当てはまる可能性のある子どもが新たに4人確認され、
国内における患者は合わせて7人になったと発表をしました。

世界保健機関(WHO)によると、
6日までに12か国で169例、原因不明の子どもの急性肝炎報告されており、
うち74例でアデノウイルス感染が確認されています。
国内で報告された7人のうち1人からもアデノウイルスが検出されましたが、
海外で主に報告されているものとは型が異なるということです。

厚労省は、各国政府やWHO、専門家等とも連携しつつ、
引き続き情報収集に努めていくとしています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る