NEWS 2022

医療 2022.05.27

欧米で「サル痘」感染相次ぐ 注意喚起(世界保健機関)

WHO(世界保健機関)は、21日時点で、
ポルトガル、スペイン、イギリスなどの12か国にて
急性発疹性疾患の一種「サル痘」の感染患者が
92人報告されたことを明らかにしました。

サル痘は、流行地域のアフリカに渡航歴のない人の間で広がっており、
WHOは今回の事態を「極めて異常な出来事」と指摘しています。
現在、死者の報告はされていません。

WHOは、子どもや免疫力が低下した人や
妊婦がサル痘ウイルスに感染すれば
重症化する恐れがあるとし、
各国に警戒を呼びかけています。

また、感染者は今後も増加し、
他国にも感染が広がる可能性があると予測されるため、
感染者の発見や隔離などを急ぎ、
拡大を抑制することが最重要であると強調しました。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る