NEWS 2022

医療 2022.06.29

日本の高校生「常にマスクを着用」95.3%。情緒面は安定傾向に(国立青少年教育振興機構)

国立青少年教育振興機構(東京)などが、コロナ禍を経験した
日米中韓4か国の高校生を対象に意識調査を行いました。

調査は昨年9月~今年2月に実施され、
4ヵ国の高校生計1万1414人から回答を得たもの。

調査結果によると、
「常にマスクを着用している」と答えた割合が、日本は95%と最も高く
「こまめな手洗い」や「人混みを避ける」といった感染予防も
日本は比較的高い割合を示しました。

他にも「コロナで命を失うことをおそれている」という質問に
「とてもあてはまる」「あてはまる」と回答した割合が
日本は47%で、韓国(31%)、中国(27%)、米国(22%)を大きく上回る結果に。

一方、情緒面は比較的安定しており
「神経が高ぶり、心が安定しない」「なんとなくいらいらする」「集中できない」は、
日本が30~38%と4ヵ国中最も低い結果となりました。

同機構は「日本の高校生はしっかり感染予防を行っており、コロナと向き合っている。
恐れる気持ちはありながらも、冷静に対処している。適応力も高い」と分析しています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る