NEWS 2022

福祉 2022.07.11

高齢者らへ交通事故防止を呼びかけ(埼玉県)

埼玉県警では
7月15日から24日までの10日間、
「夏の交通事故防止運動」を実施します。

令和4年5月末の時点で、
埼玉県内における交通事故死者数は47人。
前年と比べるとマイナス4人と減少しているものの、
全国ワースト5位で、特に歩行者の交通事故が多発しています。

「夏の交通事故防止運動」で特に重点を置いているのが、
「子供と高齢者の交通事故防止」
「自転車の交通事故防止」
「飲酒運転の根絶」の3つ。
中でも高齢者には、車両の直前・直後の横断をしないことや、
夜間外出時は反射材を着用するよう、呼びかけています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る