NEWS 2015

医療 2015.06.24

ジェネリック医薬品、2020年までに普及率80%以上目標に。

政府は、「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の素案を発表しました。
同方針では、ジェネリック(後発)医薬品の普及率について
2018~2020年の間のなるべく早い時期に
80%以上まで拡大するという目標を掲げています。
 
2015年の段階での普及率は約60%。
80%まで上げると、医療費が年間約1兆3000億円削減できると推計されています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る