NEWS 2015

介護 2015.10.23

国有地を特養施設に貸出、入居待機者を減らし介護離職ゼロへ

政府は、首都圏の特別養護老人ホームなどの介護施設を増やすため、
国有地を事業者に対し格安で貸し出す方針を決めました。
 
特養を増やすことで、介護入居者を増やし、
自宅での介護のために家族などが離職を減らす
「介護離職ゼロ」の取り組みのひとつ。
 
2013年現在、入居待機者は全国で約52万人いるとされています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る