NEWS 2015

福祉 2015.10.29

タブレットを使用した実証実験へ。高齢者の健康管理支援を山梨、長崎で

山梨県、長崎県の計約1000人の高齢者を対象に、タブレット型端末iPadを
貸し出し、健康管理や買い物に役立てていただく実証実験を日本郵便が開始いたしました。
日本郵政とアップル社、IBMの業務提携により実現した実験。
 
器官は2016年3月までで、専用アプリ「郵便局のみまもり」を用いて
服薬や健康状態を高齢者自ら入力します。
入力した内容は、遠方からもスマートフォンなどで閲覧可能。
また、端末からネットスーパーの利用もでき、約300品目のなか
から品物を選ぶことができ、注文後1~2日程度で高齢者の家庭に配達されます。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る