NEWS 2015

医療 2015.12.18

在宅患者の情報「だし丸くんネット」で共有。愛知県半田市、医師会との連携を促進。

愛知県半田市と半田市医師会は、
在宅患者に関わる医療・介護従事者が、患者の情報をインターネット上で
共有できる「だし丸くんネット」の運用を始めました。
利用できるのは、主治医や看護師、ケアマネジャー、薬剤師等。
文字や画像で患者の状態を共有したり、留意点などを投稿できたりする仕組みです。
 
対象は情報共有に同意した患者のみとなっています。
2016年11月末現在、15人の患者情報がアップされ、利用を進めています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る