アンケート結果発表

毎月、さまざまなテーマで実施しているアンケート。
一般の方々が注目していることや、
入院経験がある方のご意見など、
皆さまから寄せられた"生の声"をレポートしています!

アンケート結果報告2012年11月5日発表

- 医療行為を認める看護 -
特定看護師(仮)/ナースプラクティショナーに対する意識調査

臨床医を直接サポートし、一定の治療を行うことが認められている看護師、「ナースプラクティショナー」。日本では「特定看護師(仮)」という名称で、国家資格導入が検討されている段階です。医師の少ない離島や過疎地域では、看護師による医療行為が、切実に必要とされています。今回は「特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー」についてのアンケート結果をレポートします。

アンケート属性
アンケート期間 2012年9月5日~10月4日
有効回答者 1225名
男女比
年齢分布

10%未満の認知度、特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー

(1)あなたは、「特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー」という言葉を知っていますか?

特定看護師(仮)について「言葉を知っていたし、どのような看護師なのか説明できる」と回答した人は、全体のわずか7.7%(94名)。ほとんどの人が「知らない」あるいは知っていても「詳しくは知らない」という結果で、中には医療や看護、介護の有資格者も多く含まれていました。海外に比べると、まだかなり低い認知度です。

特定看護師(仮)/ナースプラクティショナーの導入に賛成する人が、大多数

(2)あなたは特定の医療行為が認められる「特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー」の導入に賛成ですか?

特定看護師(仮)の導入に対して、知っている・知らないにかかわらず大多数の人が賛成しています。ただし、「知っている人」の賛成が89.4%であるのに対し、「知らない人」の賛成は85.7%と、認知度に合わせて賛成する人が減少します。

導入に賛成でも受診はしない、あるいは反対でも受診するという人もあり

(3)あなたが訪れた外来診療で、「特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー」が診断をするという状況になったとします。あなたはそのまま受診しますか?

特定看護師(仮)の導入に対して、賛成しつつも「受診しない」と回答した人が12.1%(129名)いました。また逆に反対でありながら「受診する」と回答した人も11.9%(19名)います。

導入は賛成、でも「最良の受診(医師の受診)」を望む

(4)「特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー」の導入に賛成の人で、【Q5で「受診しない」と回答した人】は、意見をお聞かせください。

特定看護師(仮)の導入に賛成でも「受診しない」と回答した人の理由で、最も多かったのは「命に関わることならば、常に最良の医療を受診したい(受診させたい)」で41.9%(54名)でした。興味深いのは、「その他」の回答率がかなり高く、また、医療や福祉の有資格者が、割合として多くいたことです。

以下は、医療・福祉の有資格者による、「導入賛成+受診しない」に対する代表的な「その他」の回答です。

■その他の回答
・看護師への責任と、診断行為に対するリスクが高すぎると感じる。
・責任の所在が不明瞭だから。
・緊急性の高い場合は良いと思うが、その場合でも医師との連携は必ず必要。
・分野、範囲を特定すべき。
・実績がないうちは、やはり躊躇する。

導入賛成、それは熟練看護師への信頼と期待

(5)「特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー」がどのような看護師か説明できる人で、【Q2で「特定看護師導入に賛成」と回答した人】は、その理由をお答ください。

特定看護師(仮)について「どのような看護師か説明できる」とした人を、「一般」と「医療・福祉の有資格者」とに分けて回答をまとめました。いずれも「熟練の看護師ならば、判断可能と思える医療診断もある」が一番で、「一般」で45.0%(18名)、「医療・福祉の有資格者」では52.3%(23名)と増え、経験のある看護師に対する信頼や期待を感じます。

■その他の回答
・急変時に、より早く対応できる可能性がある。ただし責任応分のメリットが必要(給料なり、安全面の保証などの)

認知度が低いながらも、「特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー」の導入や受診に対し、前向きな結果が得られました。その一番の理由は、看護師に対する信頼や期待。ただし、現在の医療制度やシステムでは責任の所在などの問題もあり、受診には消極的な人もいます。研修制度や医療機関の受け入れ体制など、きちんとした制度やシステムを用意することで、意義のある資格になるのではないでしょうか。

「特定看護師(仮)/ナースプラクティショナー」について、また、このアンケートの結果や内容についてのご意見やご感想は、Nursing-plaza.com公式Twitterまでお寄せください。

ページの先頭へ戻る