アンケート結果発表

毎月、さまざまなテーマで実施しているアンケート。
一般の方々が注目していることや、
入院経験がある方のご意見など、
皆さまから寄せられた"生の声"をレポートしています!

アンケート結果報告2015年10月5日発表

スポーツ医学に関するアンケート

スポーツ選手のよりよいパフォーマンスを引き出すために、スポーツ機関と医療機関が連携・協力し「スポーツ医学」の研究が進められています。それにとどまらず、一般の方が運動する時にも、医師による健康増進のためのアドバイスを受けるケースも増えています。プロ・一般問わず認知の広まるスポーツ医学について皆さまのご意見をお聞きしました。

アンケート属性
アンケート期間 2015年9月5日~2015年10月4日
有効回答者 1231名
男女比
年齢分布

(1)現在あなたには運動習慣はありますか?

現在運動習慣があるか聞いたところ、「ある」と答えた人が45.8%(564名)、「ない」と答えた人が54.2%(667名)となりました。性年代別でみると、女性では20代以上の全年代で運動習慣がない人が多数となっています。女性では、専業主婦やパート・アルバイトの人で運動習慣がない人が顕著でした。対称的に男性では、10代から40代までで運動習慣がある人がない人を上回りました。

(2)「運動習慣がある」と答えた方は、どのような運動をされていますか?

(1)で「運動習慣がある」と答えた人にどのような運動をしているか聞いたところ、「激しい運動(サッカー、競泳、フルマラソンなど)」が13.3%(75名)、「軽い運動(ウォーキング、水中フィットネス、筋トレなど)」が86.2%(486名)となりました。学生の回答者にしぼって見ると、激しい運動習慣がある人の比率が多くなります。部活動などでの運動をしている方が多いと推測できます。

(3)あなたはスポーツ医学という言葉を知っていますか?

スポーツ医学という言葉を知っているか聞いたところ、「知っているし、詳しく説明できる」が4.9%(60名)、「知っているが、詳しくは説明できない」が73.6%(906名)、「このアンケートで初めて知った」が21.5%(265名)となりました。(1)「運動習慣がある」人とのクロスでは、スポーツ医学という言葉を「知っているが、詳しくは説明できない」と答えた人は、女性では若年層で多く、男性では中高年層で多くなっています。運動習慣のある人では、用語の認知も高くなっています。

(4)けがや故障、メンタル面の治療や、スポーツを始める前にアドバイスを受けるなど、スポーツに関することで、医師に相談をしたことがありますか?

スポーツに関することで、医師に相談をしたことがあるか聞いたところ、「ある」が7.9%(97名)、「ない」が92.1%(1134名)となりました。(1)(2)(3)とのクロスでみると、回答数は少数ですが、運動習慣がある、激しい運動を行っている、かつスポーツ医学の用語認知が高い(知っているし、詳しく説明できる)人ほど相談経験者が多くなっています。

(5)医師や看護師など、医療従事者に聞きたい、スポーツに関するアドバイスは何ですか?

医療従事者に聞きたい、スポーツに関するアドバイスは何か聞いたところ、最も多いのが「健康増進のための軽い運動方法」で53.1%(654名)、次いで「ダイエット目的の運動について」35.3%(435名)等の順となりました。本格的な運動というよりも、健康生活のための運動に関心が寄せられていると推測できます。ダイエットや健康増進など、軽い運動経験者の回答が多い傾向が見られます。(1)(2)とのクロスでは、運動習慣がない人では「特に知りたいことはない」が多く見られ、スポーツそのものに関心が低いことがうかがえます。

その他の回答

  • 一般的なアドバイスより、自分に合う的確なアドバイスが欲しい
  • ストレス解消や(心身両面での)疲労回復に効果のある運動方法を教えてほしい
  • 激しい運動をする時にはどんなメニューがいいのか

(6)スポーツ医学に関することで、医療機関にどのような発展を望みますか?

スポーツ医学に関することで、医療機関にどのような発展を望むか聞いたところ、もっとも多いのが「一般市民向け運動プログラムの開発」で40.2%(495名)、次いで「子どもの運動に関する啓もう活動」33.7%(415名)等の順となりました。運動習慣がない、または軽い運動習慣がある人では、「一般市民向け運動プログラムの開発」「求めるサービスは特にない」の回答が多く、激しい運動習慣がある人では「アスリートの支援強化」「スポーツ専門外来の拡大」の回答が多くなっています。

その他の回答

  • 保険診療の拡充(スポーツ医学系の診療なら、予防的診療でも100%保険適用可ならうれしい)
  • スポーツを始めたいと思ったときに、自分の目的や体力とどの程度あっているかを判断してくれる専門家が欲しい
  • 病気別の個別の運動指導、相談サービス
今回の調査では、軽い運動習慣がある人は比較的多いものの、スポーツ医学に関しては詳しく説明できず、実際の相談経験もない人が多い結果となりました。激しい運動習慣がある人は若年層を中心に少数で、大学体育会や実業団などがその場を提供しているものと考えられます。また、専業主婦や女性のパート・アルバイト等の運動習慣がない人では、スポーツ医学の用語認知が低く要望も特にないと答える人が多く、2020年東京オリンピックに向けて、まだスポーツ人口の拡大とそれを支えるスポーツ医学の裾野拡大のフェーズにあると言ってよいでしょう。

「スポーツ医学」について、また、このアンケートの結果や内容についてのご意見やご感想は、公式Twitterまでおよせください。

ページの先頭へ戻る