アンケート結果発表

毎月、さまざまなテーマで実施しているアンケート。
一般の方々が注目していることや、
入院経験がある方のご意見など、
皆さまから寄せられた"生の声"をレポートしています!

アンケート結果報告

介護福祉士に関するアンケート

厚生労働省によると2020年に必要とされている介護人数は216万人で、2025年には245万人程度に増加すると推定されています。しかし、各施設や事業所の従業員に対する調査では介護人材の不足感が5年連続で上昇しており、昨今は介護労働者の高齢化も深刻化しています。人材確保のために外国人の採用も増える中、皆さんは介護士に対してどのようなイメージを抱いているのでしょうか。アンケートではさまざまな意見が寄せられました。

アンケート属性
アンケート期間 2020年1月7日~2020年2月4日
有効回答者 848名
男女比
年齢分布

(1)あなたの抱く介護福祉士の「仕事」のイメージを教えてください。

介護福祉士の仕事に対するイメージを聞いたところ、最も多い回答は「精神的にも体力的にも大変な仕事」(65.6%)となり。つづいて「夜勤などがあり、時間的に不規則な仕事」(55.0%)、「忍耐力がいる仕事」(51.8%)が5割以上を占めました。これら上位の回答は、昨年3月に実施した「介護福祉士に関するアンケート」と同じ傾向であり、とてもハードな仕事というイメージは相変わらず強いようです。

その他

  • 腰痛持ちになるくらいの体への負担がある仕事
  • など

(2-1)【自身や家族が介護サービスを受けたことがある人向け設問】介護サービスに不安を感じたことがありますか。
(2-2)【介護サービスに不安を感じたことがある人向け設問】介護サービスの不安に感じた点を教えてください。

介護サービスを受けたことがある人に、サービスに対する不満を聞きました。受けたサービスに「不安を感じたことがある」と答えた人は4割を占め、その不安点は、「要求や要望に対する対応が悪かった」(27.6%)、「笑顔がなく無愛想だった」、「報告が少なく、要介護者の様子がわからなかった」、「介護サービスの内容が不明瞭だった」(いずれも25.7%)などが上位にあがりました。不安点の回答は、ある特定の項目に偏ることなく、多岐にわたっています。サービスを受ける側の「こうしてほしい」という要望はそれぞれ異なっており、その思いを満たすことに苦労をしている介護福祉士の姿が思い浮かびます。

(2-1)介護サービスに不安を感じたことがあるか

(2-2)介護サービスに対する不安点

その他

  • ケアセンターの中での様子が詳しくわからない
  • サービス自体はとてもよかったが、ニュースなどで利用者に対して乱暴な態度をとる人がいることから、漠然とした不安があった。
  • 主張の強い人にかかる時間が多くなってしまって、我慢するタイプの私の家族は結構放置の時間が多かった。
  • ケア内容ではなく、時間で働いている感じがした。
  • など

(3-1)【自身や家族が介護サービスを受けたことがある人向け設問】これまでに外国人介護福祉士から介護を受けたことはありますか。
(3-2)あなたは外国人介護福祉士の受け入れに賛成ですか。

次に、外国人介護福祉士の認知や受け入れに関する賛否について聞きました。まず、外国人介護福祉士からサービスを受けたことがある人の割合は、介護サービスを受けた人の5%にとどまり、「施設で見かけたことがある」(16.7%)を含めた認知者の比率は約2割とまだ少ないのが現状です。一方、外国人介護福祉士を受け入れることに関する賛否は、賛成が8割、反対が2割となり、ほとんどの人が賛成と回答しました。

(3-1)外国人介護福祉士から介護を受けたことがあるか

(3-2)外国人介護福祉士の受け入れに関する賛否

(4)【外国人介護福祉士の受け入れに賛成の人向け設問】賛成する理由を教えてください。

外国人介護福祉士の受け入れに賛成の理由は、「介護士不足の解消につながるから」(77.5%)が約8割を占め、突出して多い回答でした。つづいて、「介護士に国籍は関係ないと思うから」(50.3%)、「外国人利用者にも対応できるから」(39.7%)が4~5割を占め上位にあがりました。介護を提供する側と介護を必要とする側の双方で国際化が進んでいる中で、外国人介護福祉士の活躍の場が期待されています。

その他

  • 外国人介護福祉士の方が対応が親切なように見えたから。
  • 日本人が思う待遇の不満が少ないのではと期待。
  • 外国の方と触れあうことにより介護されている人が刺激を受け、脳が活性化することに期待が持てそうな気がします。
  • 日本人にはない感性を持っていることもあり、情報共有がしっかり出来ていれば多様な介護サービスを提供出来るようになると感じたため。
  • 人口減少を食い止めるんは移民を受け入れるしかない。日本人が困っている分野で外国人の受け入れのメリットを感じる必要がある。結果的に経済も活性化する
  • 若年層が多い新興国では、給与水準が低い国が多く、労働力の確保と外国人介護福祉士の給与獲得がwin-winの関係になるから。
  • など

(5)あなたが介護福祉士に最も求めることを教えてください。

利用したいコミュニケーションロボットの形態は、「動物型(犬や猫など)」(36.5%)が最も多く、これに、「人型(人間そっくりではないタイプ)」(19.5%)、「人型(人間そっくりのタイプ)」(14.3%)が2割弱の水準でつづきました。

その他

  • 全て完璧にできる人はいないと思うので一生懸命やってくれる人なら他の人よりできてなくてもいいです
  • 少しの要望などを出来なくても理解をしてくれ、利用者のできるところを見て臨機応変に対応してくれる人
  • 給料を上げれば、その分意欲もアップすると思います。給料をアップさせてあげてほしいです。
  • など
要介護者が望むこと、満足する度合いは各自異なるため、人手不足が進むにつれ、介護福祉士の負担は大きくなっていくでしょう。人材不足の解消策としては、外国人介護福祉士の起用が非常に期待されており、外国人介護福祉士の受け入れに賛成と回答した人は全体の8割を占めました。介護福祉士には、「責任感や誠実さ」、「優しさや思いやり」を望む声が多く、相手をより深く理解し寄り添う気持ちが大切ですが、今後増えていくであろう外国人の介護福祉士と共に仕事をしていく上では、彼らをサポートするという意味での責任感や優しさも必要ではないでしょうか。

「介護福祉士」について、また、このアンケートの結果や内容についてのご意見やご感想は、公式Twitterまでおよせください。

ページの先頭へ戻る