デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

感染症対策からバリアフリーまで
知識と経験を活かして避難所の環境を整えよう!

災害時、避難所という集団生活の場では、清潔・健康ケアは感染症防止や環境整備にとても重要な役割を果たします。看護師さん・介護士さんが、普段から患者さんや利用者さんに行っているケアが、避難所ではとても役に立つのです。今回は、多くの災害現場で支援活動を行っている、特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)代表理事の栗田氏に、看護師さん・介護士さんにこそ行ってほしい、災害時の清潔・健康ケアについてお話をお聞きしました。

講師紹介

特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
代表理事 栗田暢之氏



95年阪神・淡路大震災時に当時勤務していた大学の学生ら延べ1,500名のコーディネーターとして被災者支援にあたったことを契機に、同年7月に設立したボランティア団体「震災から学ぶボランティアネットの会」の事務局長に就任。
2002年3月に同会を発展的に解消して「特定非営利活動法人レスキューストックヤード」が認証され、同法人の常務理事兼事務局長に就任。
2000年東海豪雨水害「愛知・名古屋水害ボランティア本部」の本部長、2011 年東日本大震災では、全国の NPO・NGO・ボラン ティア団体等で構成する「東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)」の共同代表世話人も務める。
2016年6月に「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク」を設立し、代表理事に就任。現在に至る。
 

被災者の「我慢」に気づいて!
災害時のケアのポイント

災害現場で支援活動をする中で注意して見てほしいのが、被災された方々が「我慢」をしていないかどうか、ということです。避難所は、「自分だけが大変じゃない」、「公平じゃないといけない」という気持ちが強くなりすぎる傾向にあるため、「私を助けて」とはなかなか言い出しにくいものです。
 
関東・東北豪雨のとき、便秘で飲んだ下剤が効きすぎてパンツを汚してしまったというおじいさんがいました。しかし、避難所の市の担当者からは「救援物資にパンツは届いていないのでお渡しできない」と、パンツの替えをもらうことはできなかったと私たちに相談がありました。もちろんすぐに調達してお渡ししましたが、知らない人たちとの集団生活の中、パンツを履いていない状況で、いつ便意がくるかわからないという恐怖をなぜ我慢させなければならないのでしょうか。
 
被災地では、つい我慢をして清潔・健康ケアを十分にできないことが多くあります。だから、私たちが見つけてあげるしかない。さらに言えば、専門職である看護師さん・介護士さんが、被災者の我慢に気づき、積極的に動いてくれるのが現場では一番説得力があって効果的なのです。

見落としがちな部分の指導を
災害時の清潔・健康ケア

水や物資が届き始めると、手洗いやうがい、歯磨きといった清潔・健康ケアができるようになります。特に手洗いは、感染症や食中毒のリスクにも大きく関係するため、とても大切です。看護師さん・介護士さんには、手洗いが不十分になりやすい指先やつめの間、指の間や親指、手首まで洗うなど、普段皆さんがやられているような手洗いの方法を指導してあげてください。
 
また、看護師さん・介護士さんには、今回お伝えするような、被災者が見落としがちな部分や我慢をしがちな部分のケアにも目を向けてほしいのです。
 
デリケートゾーン
 
デリケートゾーンのケアは、手が届きにくく、つい後回しになりがちです。看護師さん・介護士さんは、普段から患者さんや利用者さんのデリケートゾーンのケアをされていると思いますので、特に高齢者など自分でケアをするのが難しい方に積極的に手を貸してもらえるとありがたいですね。
また、女性は生理の問題もあります。以前、避難所の支援物資を配布するコーナーの真ん中に生理用品が置かれていたことがありました。そのときはすぐに気づいて移動をさせましたが、そういったデリケートケアに関わる物資などにも、目を向けてほしいと思います。
 
入れ歯
 
震災時は、水がないからと遠慮して入れ歯を洗わない方が多くいらっしゃいます。しかし、オーラルケアは体全体の健康にも関わるとても大切なケアのひとつです。水がなければ、殺菌効果のあるお茶で入れ歯を洗うだけでもよいと聞きます。先にも述べたように、我慢や遠慮をする方が多いので、積極的に声をかけ、入れ歯を洗うように指導をしてください。
 
トイレの衛生管理
 
特に気にかけてほしいのがトイレです。災害時は流すことができず、すぐに汚物がたまってしまうため、不衛生な状況が発生しやすくなります。トイレは使用時のルールをしっかりと決めておくことが大切です。トイレのスリッパを必ず履き替える、順番を守る、用を足したら必ずバケツを使って水を流す、など。トイレの使用方法を徹底すれば、綺麗な状態を保つことができます。

看護師・介護士しか気づけない!?
専門職の知識を活かした清潔・健康ケア

避難所には、看護師さん・介護士さんだからこそ気づきやすいことも多くあります。先陣を切って行ってほしい清潔・健康ケアをご紹介します。
 
感染症対策
 
支援活動の経験が豊富な看護師さんは、避難所を見て必ず「隔離部屋を作ってください」と言われます。隔離部屋という言葉はあまりよい表現ではないかもしれませんが、インフルエンザやノロウィルスなど、感染症を発症した方が一時的に生活の場を移すスペースを設けてくださいということです。避難所のような集団生活の場では、感染者が出てから慌てて対処していては遅い場合もあります。専門的な視点で、起こりうることを予想したうえでアドバイスをしてもらえると非常にありがたいです。
 
段ボールベッドの使用
 
特にご高齢者の場合、ベッドで休むことができると起き上がりが楽になり、生活も格段にしやすくなります。しかし、避難所に多くのベッドを持ち込むことはもちろんできません。そんなとき活用して欲しいのが「段ボールベッド」です。
段ボールベッドとは、2リットルのペットボトルが6本入っている段ボールを6つ並べたものを2列作り、紐でくくって、上に一枚大きな段ボールをひくことでできる簡易ベッドです。現在、非常に重宝されていて、段ボールベッドを商品として販売している会社もあるくらいです。避難生活をしている方々に積極的に使用を促してください。
 
介護職の視点を生かした環境整備
 
避難所のひとつに学校があります。学校は、本来子供たちが通う場所なのでバリアフリーになっていないところが多いです。そうした場所で、例えばトイレに手すりを設置したり、スロープが必要な個所をアドバイスするなど、高齢者の方が生活しやすいような働きかけをしてほしいのです。
また、避難所の中で、「福祉避難室」のような、福祉的な配慮が必要な方々をケアできるような空間を設けるのもひとつだと思います。トイレから比較的近い場所にあり、生活機能が高くない方々でも安心して避難生活を送ることができるような空間づくりは、介護士さんの力無しでは難しいのです。

看護師さん・介護士さんの行動で避難所の環境は大きく変わります。被災された方々はもちろん、私たちのような支援する立場の者も、今回ご紹介した清潔・健康ケアをはじめ専門職の方々に相談したいことは山のようにあるのです。なによりも、看護師さん・介護士さんがもつ優しさ、安心感は、被災された方々の心のケアにもつながります。ぜひ、力を貸してください。

栗田氏のおすすめ書籍

『できることからはじめよう!
避難所運営の知恵袋~みんなで助け合える避難所づくりのために~』

発行:レスキューストックヤード

阪神・淡路大震災や東日本大震災などの被災地で
実際に避難所運営にあたった方の経験を基に作成されました。
避難所の基本情報はもちろん、トイレ情報や感染症情報などが
イラスト付きで分かりやすく掲載されています。
「避難所づくり」にも役立つ内容となっているので、
避難所運営訓練や学習会などにも活用できる一冊です。

詳細はこちらから:http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2015/06/10151.html
 

UP DATE 2018/08/28

お役立ちライブラリTOPへ

食・くらし の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る