デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

体質や不調に合わせてカスタマイズ
自分だけの「自然の薬箱」をつくろう

不調があっても忙しくてなかなかケアできない……。毎日を慌ただしく過ごす看護士さん・介護士さんの中には、疲労が蓄積して体調が優れないという方も少なくないでしょう。そんな時、植物の力を借りた簡単ケアを行うことで、不調が根本から収まっていきます。植物の人への薬理効果を利用して、人が本来もっている自然治癒力を高める療法のことを「フィトテラピー」と言います。
自分の体質や不調に合う植物ってどんなもの?何をどう取り入れたらいいの?そんな疑問に答えるべく、日本におけるフィトテラピーの第一人者でもある植物療法士の森田敦子さんに、毎日のケアに役立つ「自然の薬箱」のつくり方のコツやポイントを教えていただきました。

講師紹介

森田敦子氏
株式会社サンルイ・インターナッショナル 代表
植物療法士

日本におけるフィトテラピーの第一人者。大学卒業後、大手航空会社の客室乗務員として勤務するも、ダストアレルギー気管支喘息を発病し生活が一変。フランスの「植物療法」に出会い、その効果を実感。本格的に植物療法を学ぶため退職、渡仏を決断し、フランス国立パリ第13大学で植物薬理学を修める。フランス人医師や薬剤師と一緒に植物療法と臨床を学ぶ。帰国後、多くの女性のために植物療法を広めるため会社を設立。「アンティームオーガニック」商品開発やスクール(ルボア フィトテラピースクール)なども主宰し、フィトテラピーに関する著書を多数出版。スクールには、看護師・介護士をはじめ多くの著名人からも支持を得ている。

何から始めたらいい?
自然の薬箱」をつくるコツ

穏やかな作用で心身を整え、健やかな体をつくるのを助けてくれる植物。植物の力を活用できれば、急な不調にも慌てることなく、適切に対応することができます。
 フィトテラピーを始めるには、まず「自然の薬箱」を準備しましょう。これは、ケガや不調に役立つ薬が揃った救急箱の“植物版”のようなもの。フィトテラピーで使用するのは、薬草として用いられる植物の「ハーブ」と、植物の芳香成分を抽出した天然オイルである「精油」。自然の薬箱に揃えておきたい、初心者におすすめのハーブと精油を森田さんに挙げていただきました。

基本のハーブ
<メリッサ>
「PMS、生理痛、更年期など女性特有の不調を和らげます」
 
<エキナセア>
「免疫力や体力が落ちているときにおすすめ。アレルギー症状、感染症の予防にも使えます」
 
<ヴァンルージュ>
「血行促進・血管強化の作用があり、冷え性の改善に効果的です」
 
基本の精油
<ラベンダー>
「傷ややけど、痛み止め、リラックスなど、オールマイティーに使えます」
 
<ティートリー>
「傷や皮膚の荒れのほか、感染症予防・改善にも効果があります」
 
<柚子>
「冷えからくる不調や不眠に。心身の緊張をゆるめたいときにおすすめです」
 

▲「自然の薬箱」。自分や家族の不調に合わせた精油を揃えよう

自然の薬箱をつくるにあたって、どんなことを押えておけばいいのでしょうか?大事なポイントについて、森田さんはこう話します。
 
「一つ目は、ストレス、むくみ、血行不良など自分の不調に合わせて、ケアに役立つハーブや精油を選ぶこと。二つ目は、自分だけでなく、子どもや両親、祖父母、パートナーなど家族構成に合わせて、必要な植物を加えることです。風邪にはエキナセア、むくみにはサイプレス、不眠にはバレリアン、腰痛にはウインターグリーン、切り傷にはティートリー……。我が家には自分用に加えて、主人用、子ども用が一箱ずつあります。その人の弱い部分に合わせた薬箱をつくってあげるといいですね。自分自身のケアに慣れてきたら、家族の健康も植物の力で守っていきましょう」(森田敦子氏)

自分の体質を知り、
自分に合った植物を取り入れよう

体質によって「自然の薬箱」に取り入れる内容も変わります。自分に合う植物を知るために、自分の体質をチェックしてみましょう。自分に当てはまる症状が最も多かったものが、あなたの体質のタイプです。
 
ストレスタイプ
□気分が落ち込むことがよくある
□カーッとなりやすい
□不眠気味、夢をよく見る
□肩こりや腰痛がある
□頭痛もちである
 
「健康そうに見えますが、じつはストレスをためやすく、肝臓や筋肉に不調が出やすいタイプ。このタイプの人は最も自分ケアが重要です」
 
血行不良タイプ
□息切れしやすい
□気力が湧かない
□いつも手足が冷たい
□体温が低い
□些細なことでも気になり、不安を感じてしまう
 
「心臓や血管に不調が出やすくなるのが、このタイプの人。全身に血を巡らせるポンプ役である心臓が健やかに働かなくなると、元気が出なくなり、体の末端や全身が冷えてしまいます」
 
むくみタイプ
□めまいがすることがよくある
□寝汗をかく
□むくみやすい
□性欲がおきない
□夜中に何度もトイレに起きる
 
「体内の水分バランス機能がうまく働いていないため、泌尿器の不調が多いのが特徴。老廃物を体外に排出できず溜め込んでしまうため、疲れやすくなります」
 
自分の体質がわかったら、次はどんな植物が自分に合っているのかを知りましょう。

ストレスタイプ
飲む…セントジョーンズワート、メリッサ
香る…ベルガモット、柚子
塗る…柚子 
※マッサージオイル…植物オイル5mlに柚子を2滴混ぜる

血行不良タイプ
飲む…ジンジャー、ギンゴビロバ
香る…ゼラニウム、ベルガモット、ローズ、ネロリ
塗る…ローズマリー、ゆず、ジンジャー 
※バスソルト…天然塩にジンジャーを2滴混ぜる
 
むくみタイプ
飲む…ネトル、ダンデライオン
香る…フランキンセンス、サンダルウッド
塗る…サイプレス、ジュニパーベリー、フランキンセンス、サンダルウッド、ゼラニウム
※マッサージオイル(全身用)
…植物オイル10mlにサイプレス3滴、ジュニパーベリー1滴を混ぜる
※マッサージオイル(顔 用)
…植物オイル10mlにフランキンセンス2滴、サンダルウッド1滴、ゼラニウム3滴混ぜる

 

看護士さん・介護士さんに多い不調の一つ
「腰痛」におすすめのケア

立ち仕事の多い看護士さん・介護士さんに多い不調の一つ「腰痛」のケアにおすすめのハーブと精油、それぞれの取り入れ方を教えていただきました。
 
飲む…ジュニパー 
「ハーブティーで飲むのがおすすめ。ジュニパーには利尿や発汗の作用があり、老廃物や水分を体外に排出します。筋肉に蓄積された疲労物質も取り除かれるので、疲労がもたらす腰痛の改善にも効果があります。抗酸化作用が高いローズマリー、豊富なポリフェノールが活性酸素から体を守るヴァンルージュをブレンドすると、さらに効果的です」
 
塗る…ウインターグリーン
主成分のサリチル酸メチルが鎮痛剤のように作用し、抗炎症、鎮痛に効果を発揮することから、腰痛のほか、筋肉痛や関節痛などにも使われます。お好きな植物オイル3~5mlに精油1滴を混ぜて、痛む部分をやさしくマッサージしましょう。血流をよくして筋肉疲労による凝りをほぐすローズマリー、血液やリンパ液を浄化するバーチをブレンドすれば、相乗効果が期待できます」
 

医療・介護の現場にも広がる
フィトテラピー

ヨーロッパではストレス、血行不良、不妊、さらには乳がんの手術後のケアにもフィトテラピーが取り入れられています。一方、日本の医療・介護の現場でも、フィトテラピーが活用されることが増えてきました。
 
森田さん自身も、植物の薬理効果について国内外の学会で発表しているほか、広島県で病院、介護付き有料老人ホームなどを運営する「八千代会」の介護現場に毎月出向き、フィトテラピーの取り入れ方を伝えています。フィトテラピーによって、100歳のおばあちゃんが患っていた痛みを伴う足のむくみが2ヶ月半で解消したそう。高齢者に多い皮膚トラブルを植物の力で改善させています。
 

▲アロマテラピーによるマッサージで、むくみが解消した100歳のおばあちゃんの足

「重篤な医療には先端医学や手術、薬が重要ですが、100歳まで健康に生きるには、人が本来持っている自然治癒力にいかに働きかけていくかが大切です。日本でも、フィトテラピーをもっと多くの人たちに楽しんでもらえることを願っています」
 
植物がどのように体に効いていくのか、イメージがつかめたでしょうか。体だけでなく心までほぐしてくれる植物のパワー。不調があっても薬に頼るのではなく、植物でケアをする習慣を身につけてみませんか?
 

<森田氏おすすめ書籍>

『自然ぐすり 植物や食べ物の手当てでからだとこころの不調を整える』
著 者:森田 敦子
出 版:ワニブックス

森田敦子氏著書の第一弾植物療法実用書。
女性特有のさまざまな悩みを植物の力でアプローチし、改善していく方法が分かりやすく解説されています。一家に一冊、自然手当ての教科書として置いておきたい一冊です。

UP DATE 2018/11/22

お役立ちライブラリTOPへ

こころのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る