デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

汗と日焼けで頭皮環境が最悪に⁉
夏の2大ヘアトラブルをカンタン対策

夏は、髪や頭皮にトラブルが起こりやすい季節です。焼けつくような日差しで頭皮は日焼けし、溢れる汗によって脂や汚れがたまり気づかないうちに頭皮からニオイを発していることも。毎日の正しいケアを怠ると、頭皮の環境は最悪なことになってしまうのです! 後編では、夏の2大ヘアトラブル「日焼け」と「ニオイ」のカンタン対策をご紹介。毎日のお風呂タイムやお出かけ前の少しの工夫で、髪と頭皮をしっかりと守れるケアの方法を、人気ヘアスタイリストの工藤由布さんに教えていただきました!

気づいていない女性多数!
あなたの頭、臭ってますよ……

皆さんはご自分の頭のニオイに気づいていますか? 女性よりも男性のほうが臭うイメージがあるかもしれませんが、実はそうとは言い切れません。工藤さんが、頭皮について衝撃の事実を教えてくれました!
 
実は、頭皮は女性のほうが臭いやすいんです! 男性に比べて髪の毛が長い女性は、シャンプーをするときに指が頭皮に届きにくいため、頭皮の脂や汚れを洗いきれていない可能性が高くなります。それが、ニオイの原因になっているのです。
 
特に汗をかきやすい夏は、脂や汚れが頭皮にたまりやすくなります。洗った髪をドライヤーで乾かしているとき、妙に乾きが遅く、ずっとベタベタすることはありませんか? それが、洗い残しのある証拠です。さらに、汚れが落としきれていない頭に、ケアオイルやスタイリング剤を付けると、洗い残した脂や汚れに蓋をしてしまうことになります。そうして閉じ込められた脂が時間と共に酸化して、脂特有のイヤ~なニオイを発しているのです。
 
サロンに来られるお客様にも、頭皮が臭っている方がいますが、本人は全く気づいていないというケースが非常に多いです。頭のニオイはどうしても自分では確認しにくいので、臭う前にしっかり対策しておくことが大切になります。そこで、今回ご紹介する夏におすすめの頭皮ケアをぜひ参考にしてみてください。正しいケアの方法を知ることで、誰でもカンタンに、清潔で健康な頭皮を保つことができるんですよ」(工藤由布さん)

毎日のシャワーにひと工夫
頭皮の汚れを落とすポイントは“泡”

頭皮のニオイを防ぐ一番の方法は脂や汚れをきちんと洗い流すこと。ではどうすればすっきり洗うことができるのでしょうか。工藤さんいわく、指でゴシゴシ洗ったり、特別なマッサージをしなくても、簡単に脂や汚れを洗い流せる方法があるそうです。
 
予洗い
「シャンプーをする前に、予洗いをしっかりと行いましょう。予洗いをするだけで頭の70%の汚れが落ちるといわれています。方法は簡単。最低1分間、頭をお湯でゆすぐだけ。『1分くらいなら毎日ゆすいでいる』と思っている人ほど注意が必要です。実際に時間を計ってみると、多くの人が20秒くらいしかゆすいでいないことがほとんどなのです。
 
予洗いをして髪が水分を十分に含んだ状態になることで、シャンプーがぐんと泡立ちやすくなります。しっかりと泡立った泡が頭皮に浸透していくだけで、汚れを浮かせる効果が期待できますよ。
 
シャンプーの泡立ちがいつも悪いという人は、実は予洗いが足りていないのかもしれません。手のひらだけでなく、髪の毛を泡立てネットに見立ててシャンプーを泡立たせることで、さらにモコモコとした泡ができあがります。普段、シャンプーを何プッシュも出している人は、髪の長さによってはワンプッシュで足りることもありますよ」
 
炭酸シャンプー
「普通のシャンプーだけで頭皮を綺麗に洗えているか不安という人には、炭酸による細かい泡で頑固な皮脂汚れを取り去る炭酸シャンプーをおすすめします。元々泡立っている炭酸シャンプーは、頭皮に乗せていくだけでシュワシュワと細かい泡が汚れをしっかり浮かせてくれます。
 
使うときのコツは髪の毛をめくるようにして、しっかり頭皮にシャンプーを付けること。毎日使ってもOKですが、コストを抑えたい人は週に1~2回でも効果があります」

ニオイを消すためには、頭皮をしっかりと洗うことがとても大切です。特に予洗いは、いつものバスタイムにすぐに取り入れることができるので、ぜひ今日から実践してみましょう!

お出かけ前の習慣に
髪だけではなく頭皮もしっかり日焼け対策

ニオイに次いで多い夏のヘアトラブルが、日焼け。意外と見落としがちなのが頭皮の日焼けです。実は、髪と一緒に頭皮も日焼けしているのです。頭皮が紫外線を浴びると、そのダメージで髪の毛に栄養が十分に届けられなくなり、抜け毛が増える原因になることも。体の中で一番太陽に近い頭は、顔や体に比べ約3倍の紫外線を浴びているといわれています。
 
「髪の毛の日焼けは、色が抜けるのが早くなったり、乾燥による髪のパサつきが見た目でもわかりやすいため、意識的にケアを行っている方はたくさんいます。一方で頭皮は、自分で確認することがなかなかないため、日焼け対策をしていない方が多いんです。特に、髪で覆われていない分け目は、紫外線を直接浴びてしまうので、しっかりとした日焼け対策が必要になります。
 
紫外線には、皮脂を酸化させる働きがあります。酸化した皮脂が毛穴に詰まることで血のめぐりが悪くなり、頭皮が硬くなってしまうんです。さらに紫外線により健康的な髪を生成する細胞も破壊されているため、白髪や薄毛の原因にもなります。
 
紫外線から髪と頭皮を守るためには、UVカットの効果がある洗い流さないタイプのトリートメントや、髪と肌の両方に使える日焼け止めが効果的です。頭皮を重点的にケアする場合は、クリームタイプの日焼け止めを直接頭皮に塗ることも効果的ですが、時間がない時や手を汚したくない時はスプレータイプをおすすめします。日焼け止めを塗るだけではなく、帽子や日傘を使用して物理的に紫外線を遮る工夫もしましょう」
 
日焼け止めの独特なニオイが苦手な方のために、最近は香り付きの日焼け止めも販売されています。自分の好きな香りを見つけて、毎日欠かさず日焼け対策をしましょう。

ヘア豆知識
髪の奥までしっかり浸透~トリートメント~

ヘアケアと聞いてまず思い浮かぶのが、トリートメント。髪に栄養を与え、保湿効果も高いトリートメントですが、洗い流すとき、どのくらい落とせばよいのかわからない人も多いのではないでしょうか?
 
「トリートメントは、ぬめりがなくなるまでしっかり洗い流しても大丈夫! 髪の奥まで成分が浸透するトリートメントは、髪の表面をいくら洗い流しても効果がなくなってしまう心配はありません。流してもぬめりがなかなか落ちないという人は、そもそも付けすぎている可能性も考えられます。
 
一方で、注意すべきなのがコンディショナーやリンスです。これらは髪の表面の指通りをよくさせ、摩擦を失くすためのもの。流せば流すほど成分は落ちていくため、注意が必要です」
 
トリートメントのぬめり成分は、肌に付くと肌荒れの原因にもなるので、使用した後は洗い残しのないように体全体もしっかり流しましょう!

健康的な頭皮と髪を保つために
「楽しい」セルフケアを見つけよう

多くの看護師さんや介護士さんを担当してきた工藤さん。疲れたお客様のため、スタイリストとして意識していることは「楽しい」を提供することだそうです。
 
「セルフケアは続けるコツは、とにかく「楽しむ」ことだと思います! 私が担当している看護師さんの多くは、夜勤明けで来店されます。サロンに来て、髪と頭皮をすっきりリセットしたら、そのままショッピングに出かけるそうです。そうしてひと通り満足したら、家に帰ってしっかり眠る。上手に時間を使って自分の体を休めつつ、休日を思い切り楽しんでいるんですよね。ケアに時間を費やすことを面倒だと思わずに、自分なりにワクワクする方法を見つけて人生をエンジョイしています。
 
ポジティブに仕事をするためにも、週に一度でも髪と頭皮のケアをする日を作ってみてください。そうすることで休日とお仕事のオンオフがはっきりして、毎日メリハリのある楽しい生活が送れると思います」
 
髪や頭皮のトラブルが目立ちやすい夏だからこそ、ヘアケアはとても大切です。ヘアケアと聞くと「大変そう」「面倒くさい」と思う人もいるかもしれませんが、試してみることで変化を実感すると、だんだんとケアが楽しくなってくるはず。ケア用品をかわいいものにしてみたり、香りのよいものを選べば、さらにケアが楽しくなるはず。自分なりの楽しみ方を見つけて、心も頭皮もストレスフリーで過ごしましょう。

おすすめ書籍

『YU-U Hair Arrange Lesson』
著者:工藤由布
出版:主婦の友社
 
簡単なテクニックから上級者用のスタイルまで
幅広く掲載。ヘアアレンジ初級者から上級者まで、
満足する一冊となっています。

    スタイリスト
    工藤由布

 
    ヘアサロン「N.Mist」のスタイリスト。Instagramにセルフヘアアレン
    ジを投稿したところ、毎日アップされる可愛いアレンジと丁寧な解説で
    真似しやすいことが話題になり、フォロワーが7万人を超える人気アカ
    ウントに。スタイリストとしてはもちろん、ヘアアレンジ集の発売やイ
    ベントの出演などでも活躍中。

UP DATE 2019/08/22

お役立ちライブラリTOPへ

美容・健康 の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る