デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

不安も緊張も看護師さんのおかげで乗り越えられた!
漫画で読む「看護師さんとの忘れられないエピソード」

2020年3月に当サイトで行った「看護師に関するアンケート」では、「看護師さんとの忘れられないエピソード」を募集しました。集まった回答の多くに共通していたのは、看護師さんにとっては些細な気遣いであっても、患者さんにはずっと記憶に残っているということ。今回は、そんなエピソードの中から1作品を漫画化! 突然の怪我に「どうしよう、どうしよう......」と焦る患者さんに寄り添い、さりげなくフォローをしてくれた頼もしい看護師さんのお話です。

突然のヤケドに大パニック!
先生に質問できない私を見て......

心細い時に寄り添う看護師さんの
ほっこりエピソード

病院は、誰もがナーバスになりがちな場所。病気やケガがどうなるんだろう……という不安や焦りから、医師からの話を冷静に聞くことができなかったり、わからないことがあっても質問ができなかったり、困っている患者さんも多いことでしょう。そんな時に、同じ目線になってサポートしてくれる看護師さんは、患者さんにとって心強い味方になるはず。看護師さんの言葉や行動に救われている患者さんが多くいるようで、アンケートにもたくさんの声が寄せられました。
 
~私だけのメニューを考案~
入院してなかなか食事が進まなかった時に、点滴だけに頼らず、口から食べられるようにと親身になってメニューを考えてくださった看護師さんがいました。病院食のメニューを食べやすいように変えてくれたり、おやつをつけたり、高カロリー食に変えてくれたり。ちゃんと向き合ってくれたことがとても嬉しかったです。
(30代/女性)
 
~方言で安心~
田舎の病院ではあるあるですが、入院時や手術時の不安な時に、看護師さんが方言で応対してくれると安心します。
(50代/女性)
 
~辛い気持ちを肯定してくれた~
私が泣いてる時、そばにいて、優しい言葉をかけてくれて、ティッシュを渡してくれました。「迷惑かけてごめんなさい」と謝ると、「辛いから病院に来るんだよね」って受け入れてくれたのが嬉しかったです。その後もすれ違いざま目があって微笑んでくれたり、受付を待ちながらぼーっとしていたら声をかけてくれたりと、とても優しくしてくれて感動しました。
(20代・女性)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

業務量が多く、忙しいイメージのある看護師さんですが、今回寄せられたエピソードに登場する皆さんは、嫌な顔ひとつ見せずに患者さんと向き合っている姿ばかりが書かれていました。特に、治療に関すること以外の声掛けや、ただただそばにいてくれたことが嬉しかったという声も多数。怪我や病気の治療よりも、心のケアをしてくれたことが印象に残っている人が多いようです。
 
医療現場では思い通りにいかないことや、理不尽なことも多いかもしれません。しかし、不安を抱える患者さんのためにも、しっかり寄り添える看護師でありたいですね♪

今回のアンケート結果発表はこちら
>>「看護師に関するアンケート」
 
Nursing-plaza.comではアンケートを行っています。
ぜひご協力ください!
>>アンケ―トに答えてプレゼントを当てよう!」
 

【漫画家紹介】

玉谷こゆき
漫画家。6月23日生まれ。千葉県出身。
千葉県立松戸高校芸術科卒業。
現在は漫画のアシスタントをしつつ、自身の作品制作に励む。
Twitter⇒ @ton_chamo

UP DATE 2020/06/16

お役立ちライブラリTOPへ

こころのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る