デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

紫外線ダメージは、肌だけじゃない!?
旬の夏食材を食べて、目の日焼け対策を

日差しが強いこの季節、気になるのが“紫外線”です。紫外線と聞くと、肌の日焼けを思い浮かべる方も多いと思いますが、実は“目”も紫外線によって大きなダメージを受けていることを知っていますか?今回は、二本松眼科病院副院長の平松類先生に、紫外線によって起こり得る目のトラブル、また、体の外側と内側から、紫外線による目のダメージを防ぐ方法もお聞きしました。

#関連記事
===================================

▼疲れ目、放っておくと大変なことになるかも!
PC・スマホの見すぎで目が疲れたあなたへ
食事で、お風呂で、簡単疲れ目解消法!


===================================
 

疲れ目の人は要注意!?
紫外線がもたらす目へのダメージとは……

シミやしわ、皮膚がんなど、紫外線による肌への影響については聞いたことがあるけれど、目にはどのような影響があるのか知らない人が多いのではないでしょうか。実は、浴びすぎるととっても怖い目の病気になってしまう可能性も……。まずは、目が受ける紫外線ダメージについて理解しておきましょう。
 
紫外線を浴びすぎると、目の老化の原因にもなる活性化酸素が過剰に発生します。増えすぎた活性化酸素は、黒目を覆っている角膜や目のレンズである水晶体、その奥にある網膜などに大きなダメージを与え、眼病発症のリスクを高めてしまうのです」(平松類先生)
 
さらに、職場ではパソコン操作、家ではスマートフォンで頻繁に調べものをするなど、普段から目を酷使することが多い看護師さんや介護士さん……。もし、目の疲れを感じているなら、より一層紫外線への注意が必要だと平松先生は言います。
 
目が他の体の器官と決定的に違うのは、皮膚などに守られていない、いわば『むき出しの臓器』であるということ。さらに疲れ目の状態では、紫外線ダメージをより受けやすくなります

では、紫外線によって発症のリスクが高まる、代表的な目の病気を見ていきましょう。
 
白内障
白内障は、目のレンズでもある透明な水晶体が白く濁ってしまう病気です。これにより、目の前がぼやけて見えたり、淡い色が見えなくなったりという症状が現れます。白内障は加齢によって誰にでも起こりうる病気ですが、紫外線によるダメージも原因の1つとされています。
 
翼状片(よくじょうへん)
翼状片は、白目(結膜)が増殖し、黒目(角膜)に覆いかぶさってしまう病気。目頭から翼のように白目が広がっていく様子からこの名前がつけられました。翼状片の原因は白目が瞳孔近くで侵食してくると、乱視や視力低下などの症状が現れます。詳しい原因はわかっていませんが、紫外線によるダメージが一因であるとされています。
 
これらの眼病発症リスクを減らすためにも、目の紫外線対策は極めて重要なのです。

紫外線の浴びすぎを防ぐ
これだけはやるべき、目の日焼け対策!

肌を守るためには日焼け止めクリームがありますが、目を保護するためにはどうすればよいのでしょうか。目の紫外線対策や、おすすめのアフターケアをご紹介します。
 
サングラスや帽子を身につける
環境省の『紫外線環境保健マニュアル』によると、サングラスをかけることで90%、帽子で20%、目の紫外線ばく露をカットできるそう。
 
やはり、一番効果的なのはサングラスや、つばの広い帽子を身につけることだと思います。サングラスの色を気にする人もいますが、実際、色はあまり関係ありません。なによりもUVカット率の高さを重視してサングラスを選ぶようにしてください。また、最近の眼鏡やコンタクトレンズにはUVカットが入っているものがほとんどです。それだけでも紫外線対策としての役割を果たしています
 
平松先生によると、特に気を付けるべき時間帯は日が高くなる12時から14時頃にかけて。お昼ごはんに出かけたり、準夜勤などの勤務のために出勤時間がその時間帯に重なったりする場合は、サングラスや帽子などで紫外線をカットしておく必要がありそうです。

目薬
紫外線によって傷ついた目を改善するために目薬は有効です。防腐剤など余計な成分が入っていない、涙に近いものを選ぶようにしましょう
 
冷やしてケア
夏場に長時間外にいて目が充血したり、ヒリヒリするといった急性症状が出た場合には、肌の日焼けケアと同じく冷やしタオルなどを目に当てて冷やしましょう。冷やしても症状が収まらない、目が痛くて開けられない、といった場合は早めに眼科を受診してください
 

目に嬉しい栄養素がたっぷり
うなぎにスイカ……あの夏食材で、紫外線対策!

日差しの強い日は、帽子にサングラスなどを身につけて外側から紫外線をカット! それでも、日々の暮らしの中で、知らないうちに目の紫外線ダメージは少しずつ蓄積されていきます。そこでオススメしたいのが、日常的に目によい食材を食べること。特に、夏に旬をむかえる食材の多くは、紫外線ダメージから目を守るのに効果的な栄養素をたくさん含んでいます。毎年何気なく食べているあの夏の食材も、実はあなたの目を健康にしてくれるパワーを秘めているのです!
 
①えだまめ・トウモロコシ:ルテイン
前編の疲れ目対策でも紹介したルテインは、目に優先的に届くだけでなく、紫外線を吸収する働きがあります。強い抗酸化作用があるので、紫外線によって引き起こる酸化のダメージから目を保護してくれる役割も。紫外線対策に大活躍なルテインは、人間の体内で作ることができない栄養素でもあるため、ルテインを含む食材を意識的に食卓に取り入れてみてください
 
えだまめやトウモロコシは、塩茹でするだけで美味しく食べられる便利な食材。さらに、コーンの缶詰や冷凍のえだまめであれば、調理いらずですぐに食べられます。夏の夜、なんだかビールが進みそうな2品です!

②うなぎ:ビタミンA
土用の丑の日にうなぎを食べる風習は、免疫力を高めるという意味がありますが、うなぎに含まれるビタミンAは、目にもとても効果的です。目の粘膜を健康に保ち、目の疲れや乾燥を防いでくれるので、紫外線ダメージを抑えてくれます。また、ビタミンAが不足すると、暗闇で目が見えにくくなる夜盲症(やもうしょう)を引き起こしてしまうこともあるため、目の健康には欠かせない重要な栄養素です
 
値段は少し高いですが、頑張った自分へのご褒美に、豊富な栄養素をもつうなぎはいかがでしょうか。

③スイカ:β-カロテン・リコピン
暑い夏についつい食べたくなるスイカも、目に嬉しい栄養素がたっぷり。スイカに含まれているβ-カロテンやリコピンは、強い抗酸化作用を有しているので、紫外線ダメージを受けた夏の目のケアにピッタリです。また、体内でビタミンAに変わるので、目の不調全般に効果が期待できます
 
1人暮らしの看護師・介護士さんにとっては、1玉買うのはハードルが高いスイカも、最近は、スーパーやコンビニエンスストアで、カット済みのものをよく目にするようになりました。食後のデザートに、是非取り入れてみては?

平松先生も、目の健康には「毎日の食事が大切」とのこと。
 
目も皮膚と同じように、新陳代謝を行いきれいな状態を保とうとしています。新陳代謝が活発なだけに、毎日の食事の影響が顕著に表れる部位。だからこそ栄養素の高い食事を心掛けることが大切です
 
今年の夏は、肌だけでなく、目の日焼け対策も始めてみませんか。外に出る時にはサングラスや帽子を身につけ、毎日の食事には目にいい食材をチョイス。今回ご紹介した食材は、簡単に食べられるものばかりです。しっかりケアして、大切な目の健康を守りましょう!

おすすめ書籍

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ

著 者:平松 類
出 版:SBクリエイティブ

世界で唯一、「科学的に証明された」視力回復法! 「ガボール・パッチ」という縞模様を使い、縞の数や向きが違うものが並んだ絵の中で、同じガボール・パッチを見つけるだけ。「視力の数値がよくなった」「小さい字を長時間読んでも疲れなくなった」「目の疲れによる肩こりが置きにくくなった」など、喜びの声、続々と届いています。近視、老眼、乱視、遠視にお悩みの方にぜひ読んでいただきたい一冊です。

平松 類氏
二本松眼科病院 副院長
眼科専門医・医学博士
緑内障・網膜硝子体・白内障・眼科一般
トラベクトームライセンストレーナー
 
受診を希望する人は、北海道から沖縄まで全国に及ぶ。特に高齢者の診療経験は多く、のべ10万人以上と接してきた。専門知識がなくてもわかる歯切れのよい解説が好評で、多数のメディアに出演。著書に『老人の取扱説明書』『認知症の取扱説明書』『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!ガボール・アイ』(SBクリエイティブ)、『緑内障の最新治療』(時事通信社)、『眼科医がすすめる目の不調を感じたら毎日食べたい料理』(KADOKAWA)、『患者が絶えないカリスマ眼科医がやっている失明しない習慣』(小学館)など。

UP DATE 2020/07/27

お役立ちライブラリTOPへ

からだのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る