デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

臨場感たっぷりの体験談!
実例から学ぶ「訪問看護のマナー」

昨今、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の流行を受け、訪問看護師やヘルパーなど医療・介護職の出入りが多い在宅ケアはより感染管理の徹底が求められています。埼玉医科大学総合医療センター 訪問看護ステーションの管理者の澤田理恵さんは、コロナ禍でケアを進める中で何度も予想外の出来事に遭遇してきたそうです。今回は、澤田さんの実体験を教材に、そこから学べる感染管理における「訪問看護のマナー」をご紹介。不測の事態が起きても落ち着いて行動できるように、しっかりとマナーを心得ておきましょう!

キーワードは「連携」
訪問看護はひとりでは成り立たない

訪問看護は、患者さんの住宅環境やライフスタイルを重視しながらのケアが基本。「これはしないでください」「これはここに置かないでください」など、生活の「ダメ」を指摘するのではなく、患者さんの生活を可能な限り変えない方法でケアを行います。そしてそれは、新型コロナの影響で感染管理への意識が高まる中でも同様です。患者さんがデイサービスを利用している場合、ペットを飼っている場合、人の出入りが激しく感染経路が多数考えられる場合など、いろいろな状況に柔軟に対応しなければいけません。
 
「在宅ケアではほとんどの場合、ひとりの患者さんをケアマネジャーやヘルパー、相談支援専門医(障がいを持っている患者さんの場合)など、複数の医療・介護関係者が担当しています。
 
同じ患者さんを担当するにあたり、職種が違う場合でも、ケアマネジャーなどを中心にしっかりと連絡を取り合います。昨今では新型コロナに対応するため、ケアを行うチーム内で素早く判断し、情報を共有しなければならない場面が多く、あらためて連携の大切さについて考えさせられています」(澤田さん/以下同じ)
 
感染経路が複数考えられる在宅ケアにおいては、患者さんと訪問看護師の連携はもちろん、関わっているご家族や多職種の人との連携も大切です。では、訪問看護師が、ほかの職種とスムーズに「連携」をとるためには、どのような対応をしたらよいのでしょうか。

訪問看護の現場から学ぶマナー
~職員編~

ここからは、「もっと連携やコミュニケーションをしっかりとっていればよかった......! 」と、澤田さんが感じた実体験をもとに、コロナ禍でもスムーズな連携をとるためのヒントを探っていきましょう。
 
 
体験談①~厳重装備~
「患者さんが熱を出したとき、新型コロナを疑ってフル装備で訪問しなければならないときが何回かありました。訪問看護師は自分たちなりに対策を考え、玄関をビニールなどで覆い、その場で除菌してマスクやエプロンを装着するなど、なるべく安全な環境を作ってから家の中に入るようにしていました。
 
ただ、私たちは感染症に対してそういった厳重な装備を用意できても、ヘルパーさんたちは私たちと同じような対応や装備の用意はされていませんでした。私たち訪問看護師にとっても不測の事態でもありましたので、ヘルパーさんに『私たちはどうしたらいいですか』と言われたときはとても困りましたね。
 
その時は私たちが持っていた装備を『いまは、これを使ってください』と渡し、一緒に家に入りました。今考えてみれば、『私たちはこういう対応をします』『こういった装備を用意できますか』などと、事前に連絡を取っていればよかったなと思います」
 
☆この実例から学べる訪問看護のマナー
自分たちだけが対策をするだけでは×
「多職種が関わり合う現場であることを前提に対応を考え、できることやできないことを話し合いながら連携することが必須になります。現場では助け合いながら臨機応変な対応を心掛けましょう。訪問看護は主治医からの指示のもとに行われるケアです。まずは必ず、主治医に指示仰ぐことが不可欠です。医師からリードして頂けると安心ですよね。」
 
 
体験談②~濃厚接触者~
「ヘルパーさんのご家族が、新型コロナの感染患者の『濃厚接触者』になってしまったことがありました。そのヘルパーさんが所属していた事業所は急遽休業。とはいえ、患者さんは在宅ケアを待っていらっしゃいます。そのため、結構な騒ぎになったのを覚えています」
 
☆この実例から学べる訪問看護のマナー
指針やルールはチーム内で迅速に共有しよう
「今は、濃厚接触者の基準について『お互いマスクをしていて、30分以上かつ2m以内の濃厚接触がない場合、感染の可能性はかなり低い』という指針があります。関係する職種間でこの指針をあらかじめ共有しておけば、騒ぎになるような事態は免れたのかなと思います。
 
医療の現場で働いていると、マニュアルや教科書に載っていないことにも対応しなければならない場面が多くあるので、現場に判断がゆだねられるような状況の場合は、迅速に話し合いの場を設けるようにしましょう。また、最近は新型コロナについての相談先も変化してきているので、自分で社会の情勢や情報を正しく更新して、情報提供することも大切です」

訪問看護の現場から学ぶマナー
~患者さん編~

体験談③~ごみの処理~
「家庭ごみについてとても驚いた経験があります。ストーマ袋※を使用していたある患者さんの話です。ストーマ袋がビニール製であったこともあり、使用後のストーマ袋をリサイクルごみに出していたんです。しかも、中身が入ったままで。
 
そこで私は、『これは燃えるゴミで捨ててね。排泄物が付いているでしょ』と説明したのですが、患者さんは『でもビニールだから、プラごみでしょう? 』って言うんです(笑)。患者さんにとっては普通の行動だったのだと思いますが、衝撃を受けましたね。ご家庭のごみにまで着目できていなかったことに気付かされました」
 
※手術によって腹部につくった排出口から排出された、便や尿などの排泄物や分泌物をためるための袋。医療装具。
 
☆この実例から学べる訪問看護のマナー
衛生管理は感染管理の基本!
「ごみの処理は感染管理に大きく関係しています。便や尿などはもちろん、使用済みのマスクや鼻をかんだティッシュについていたウイルスから感染が広がる可能性があります。また、ウイルスに限らず、衛生管理ができていないと体調不良につながることも十分に考えられます」
 
どんなことでも指摘できる信頼関係を築こう
「患者さんと互いに気兼ねなく質問や指摘をできる関係をつくれれば、気付けることも多くあります。危ないことや間違っていることを患者さんにしっかりと伝えられることや、患者さんに不安をさらけ出してもらえることは、ケアや指導をする立場としてとても重要です」
 
看護と看護の連携も重要!
「退院するときに、医療装具のごみの出し方について指導を受けていれば、患者さんが家に帰ったときに、患者自身やご家族が実践できると思います。在宅医療を希望する患者さんのほとんどは入院を経ているので、入院時により細かい指導を行うことで、家でも正しい知識を持って過ごせるのかもしれません。病院看護師と訪問看護師の連携がスムーズにとれることが理想的です」

========================================

~訪問看護のマナーのポイント総括~

■患者さんとの信頼関係を築こう!
■医療・介護チームの連携が大切!
 
病気や障がいを持ちながら生活をする場合、不便な思いをすることも多いかもしれません。そんなとき、「なるべく不便を感じさせないようにすることが医療・介護従事者の大きな役割なのではないでしょうか」と、澤田さんはいいます。
 
「新型コロナのような不測の事態でも、患者さんが健康的で明るく過ごせるように、ケアを担当するチームがしっかり連携をすることがとても大切です。関わる人たちが連携することで、足りない部分を補い合う。チーム一丸となって関わっていくことが在宅ケアをスムーズに行ううえで求められる最大の要素であるといえます。この患者さんにとって何がいいのか、一人ではなかなか考えられなくても、病院でも在宅でもひとつのチームとして考えていく。そういうことが求められているのではないかと思っています」
 
安全な看護を行うために、話し合いや情報の共有などのコミュニケーションは訪問看護のマナーの基本。想定外のことが起きた時に、訪問看護師をはじめとするケア関係者が連携をとれているかどうかによって患者さんの安心感は大きく左右されるのではないでしょうか。不安を抱えている患者さんのためにも、頼れる訪問看護師を目指しましょう!

おすすめ書籍

訪問看護師のための在宅感染予防テキスト
編著:NPO法人 HAICS研究会 PICSプロジェクト
出版:メディカ出版

感染予防の基本から、在宅ケアにおける注意点まで、写真やイラストを用いながらわかりやすく解説!指導&説明ツールはそのままダウンロードして使える、現場でも活躍する便利な一冊です。

澤田理恵氏
 埼玉医科大学総合医療センター訪問看護ステーション
 管理者・訪問看護認定看護師
埼玉医科大学附属看護専門学校を卒業後、1998年より訪問看護に携わる。
2004年より埼玉医科大学総合医療センター訪問看護ステーションへ入職
2006年に訪問看護認定看護師資格を取得

UP DATE 2020/11/27

お役立ちライブラリTOPへ

スキルアップ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る