デキル人へ一歩前進 お役立ちライブラリ

キレイのひみつ、元気の秘訣、おいしいごはん、リフレッシュ術など、皆さん
がちょっぴり気になるアレコレにお答えします!休憩時間や通勤などのスキマ時間にサクッと読めるお役立ちコラムです。

言葉にしなくても不安に気づいてくれる存在
漫画で読む「介護福祉士さんとの忘れられないエピソード」

2021年1月に当サイトで行った「介護福祉士に関するアンケート」では、「介護福祉士さんとの忘れられないエピソード」を募集しました。アンケートには、利用者や家族の不安を、介護福祉士さんが解消するエピソードが多数集まりました。今回は、“介護サービス利用者の家族が、介護福祉士さんに言われた忘れられない言葉”についてのエピソード漫画化! 生きることについて考えさせられる、心温まるお話です。

「寝たきりでも生きていたいのかな?」
私の気持ちを察した介護福祉士さんが言った、ハッとする言葉

(40代/女性)

利用者と家族の不安を解消
気持ちを察してくれたエピソード

「介護疲れ」や「介護うつ」などの言葉があるように、介護は心身共にストレスがかかることです。特に頼れる人や相談できる人がいない場合は、さまざまなトラブルが起きてしまう可能性があります。ここでは、頼れる介護福祉士さんのおかげで介護をスムーズに行うことができたエピソードをご紹介します。
 
~トラブルになる前に~
認知症の母がイライラしてほかの利用者さんとのトラブルになりそうなときに、サッと散歩に誘ってくれました。迅速かつ適切な対処をしてくれて、とてもありがたかったです。母の事をよく理解してくれているなと感じました。
(30代/女性)
 
~利用者の不安に笑顔で対応~
母の介護サービス開始時、本人はかなり不安に思い悩んでいました。しかし、親切に笑顔でやさ
しく接してくれた介護福祉士さんのおかげで、母が抱えていた不安もあっという間になくなり、新しい環境にすぐに馴染むことができました。
(40代/女性)
 
~家族の輪に自然と溶け込む力~
生前、祖母がお世話になっていました。初めて介護福祉士さんと直接お会いしたとき、あまりにも祖母と親しく話していたので、祖母の知り合いの方だと思っていました。それほど祖母と仲が良く、我が家の空気を乱すことなく自然と溶け込んでいたのです。病院嫌いで誰の世話にもならないと息巻いていた祖母が、信じられないくらい自然と身を任せているのを見て感動しました。そのことを含めお礼を言うと「身構えられないようにするのも私たちの仕事ですから」と素敵な笑顔をくれました。
(30代/女性)
 
※いただいたエピソードは、読みやすいよう一部調整をしています

---------------------------------------------------------------------------------------------------

介護が必要な方は、体調がすぐれなかったり、思うように体を動かすことができなかったりと、日々不安と戦っていることでしょう。そして家族もまた、いつ体調が急変するか、忙しい中でどのようにケアをするかなど、悩みは増えるばかり。そんな利用者や家族に、専門家としての目線をもちながらも、身近な存在として寄り添えるのが介護福祉士さんではないでしょうか。
 
アンケートでは、「祖母の最期を一緒に過ごし、豊かな時間にしてくれて感謝しています」「訪問介護のおかげで、父は自宅で幸せな最期を迎えられたと思います」と、介護サービス利用者の方が穏やかな最期を迎えられたと共に、家族幸せな気持ちで看取ることができたという回答も多くみられました。
 
利用者や家族の人生において、大切な時間を充実したものにするためにも、気配りを忘れず、不安を払拭できるような介護福祉士さんになりたいですね!

今回のアンケート結果発表はこちら
>>「介護福祉士に関するアンケート」
 
Nursing-plaza.comではアンケートを行っています。
ぜひご協力ください!
>>アンケ―トに答えてプレゼントを当てよう!」

【漫画家紹介】

玉谷こゆき
漫画家。6月23日生まれ。千葉県出身。
千葉県立松戸高校芸術科卒業。
現在は漫画のアシスタントをしつつ、自身の作品制作に励む。
Twitter⇒ @ton_chamo

UP DATE 2021/04/19

お役立ちライブラリTOPへ

こころのメンテ の最新記事

注目の記事をPick UP!!!

ページの先頭へ戻る