今月のインタビュー

医療・福祉のあらゆる分野の第一人者の方々に、ご専門分野に関する現状・課題・今後の展望などをおうかがいする「今月のインタビュー」。
多くの看護師、医療従事者の方々にとって"目指すべき医療とはなんなのか"を考えるきっかけにしていただけるよう、毎月テーマを厳選してお届けします。

第206回 2020/06

「チュージング・ワイズリー・ジャパン」副代表
群星沖縄臨床研修センター長
総合診療医

徳田安春 氏

過剰医療を見直し、「賢い選択」をするために。今、看護師が学ぶべきこととは?

高齢化が進む日本では、医療費の増大に伴う財政のひっ迫が問題視されています。そんな中、注目を集めているのが、無駄な医療を見直し、科学的根拠に基づく医療行為を推奨する「チュージング・ワイズリー」です。この活動を展開する「チュージング・ワイズリー・ジャパン」の徳田安春氏に、日本の医療制度が抱える問題、看護師が学ぶべき知識について、お聞きしました。

最新記事

もっと見る
ページの先頭へ戻る