今月のインタビュー

医療・福祉のあらゆる分野の第一人者の方々に、ご専門分野に関する現状・課題・今後の展望などをおうかがいする「今月のインタビュー」。
多くの看護師、医療従事者の方々にとって"目指すべき医療とはなんなのか"を考えるきっかけにしていただけるよう、毎月テーマを厳選してお届けします。

第200回 2019/12

ファストドクター株式会社 代表取締役
医師

菊池 亮 氏

多忙な医師の負担を減らすために! 超高齢化社会を見据えた“救急往診サービス”とは

2030年における日本の総人口は、約1億2,000万人になることが予測されています。そのうち31.1%にあたる約3,700万人が、65歳以上の高齢者になる見通しです。あと10年で「国民の3人に1人が65歳以上」という超高齢化社会に備えるため、いま、国や政府、各地の医療機関が、総力を挙げて、医療需要の急増に対応できるような仕組みや体制の整備を推進しています。どうすれば最適な医療を届けることができるのか――。そのヒントを、高齢化社会を見据えた救急往診サービス「ファストドクター」の代表であり医師でもある菊池亮氏にお聞きしました。

最新記事

もっと見る
ページの先頭へ戻る