アンケート結果発表

毎月、さまざまなテーマで実施しているアンケート。
一般の方々が注目していることや、
入院経験がある方のご意見など、
皆さまから寄せられた"生の声"をレポートしています!

アンケート結果報告

言葉による患者ハラスメントに関するアンケート

日本看護協会の「2017年 看護職員実態調査」によると、患者さんからの「身体的な攻撃」を受けたことがあると回答した方は全体の約94%、「意に反する性的な言動」を受けたことがある方は約70 %に上ります。多くの看護師が患者さんからのハラスメントを経験していることがわかりました。今回は、ハラスメント問題の中でも「言葉」に焦点を当ててアンケートを実施。ハラスメント経験の有無や、不快に感じた時の相手への伝え方などをお聞きし、ハラスメントへの自覚や原因を探りました。

アンケート属性
アンケート期間 2019年2月5日~2019年3月4日
有効回答者 1409名
男女比
年齢分布

(1-1)あなたは、病院や介護施設などで、看護師に対して暴言や不当な要求など、言葉によるハラスメントにあたるような行為を行っている人を見たことはありますか。(一つ回答)
(1-2)あなたは、病院や介護施設などで、看護師に対して、暴言や不当な要求など、言葉によるハラスメントにあたるような行為を行ったことはありますか。(一つ回答)

看護師に対して、暴言や不当な要求など、言葉によるハラスメントにあたるような行為を行った経験のある人は全体の2%でした。一方、病院や介護施設などでそのような行為をしているのを見たことがあるか、という問いでは、全体の約2割の人が見たことがあると回答しました。

(1-1)ハラスメントにあたるような行為を見た経験

(1-2)ハラスメントにあたるような行為を自分が行った経験

(2)あなたはこれまでに、看護師の自分への応対や態度に対して嫌な気持ちになったことはありますか。(一つ回答)

「これまでに、看護師の自分への応対や態度に対して嫌な気持ちになったことはあるか」という問いでは、約4割の人が「ある」と回答。看護師の応対や態度に不快な思いをしたことがある人は半数近くを占めました。

(3)あなたが、嫌な気持ちになった看護師の応対や態度を教えてください。
「嫌な気持ちになったことはない」という方は、「もし起こったら嫌な気持ちになると思う看護師の応対や態度」を教えてください。(複数回答)

嫌な気持ちとなる看護師の応対や態度を聞いたところ、「態度が高圧的だった」(43.1%)、「態度が失礼だった」(38.5%)という「態度の悪さ」が上位の回答となり、約4割を占めました。これらに、「処置の仕方に問題を感じた(遅い・丁寧でない、など)」(29.0%)という回答が約3割でつづきました。

その他

  • 忙しい為か粗雑な対応をされた
  • 男性の看護士とのコミュニケーションが取れづらく、イライラした
  • わがままな患者の言いなりになっている看護師を見た時(拒否するのも大事!)
  • デリケートな内容の話も大きな声でされていて可哀想な患者さんを目の当たりにした事があります
  • ナースステーションでの声が丸聞こえでした。内容は、私の文句
  • ため息をつく
  • 機械的に処理しているような感じ。マニュアル道理に言動・行動している感じ
  • など

(4)あなたはこれまでに、看護師の応対や態度対して気分を害し、そのことを病院に伝えたことはありますか?(一つ回答)

看護師の応対や態度に対して気分を害したことを病院に伝えたか、という問いでは、伝えたことがある人は全体の7%にとどまり、全体の4割の人が「病院には伝えなかった」と回答しました。気分を害した人の8割以上の人が病院には伝えていないという結果となり、患者が疑問や不安を抱いていても、表出できない環境であることが伺えます。

(5)【「気分を害したことはあったが、病院には伝えなかった」と回答した人向け設問】病院に伝えなかった理由を教えてください。(複数回答)

気分を害したことを病院に言わない理由は、「伝えたかったが、言うことを我慢したから」(35.4%)が最多の回答で、2番目に「伝えても改善されないと思ったから」(25.6%)がつづきました。そのほか上位には、「病院に伝えるほど内容がたいしたことではなかったから」(24.5%)、「伝えることが苦手だから」(21.1%)という回答が2割台であがりました。不快に感じたことがたいしたことでないケースも含まれるようですが、それ以上に、我慢して表に出さない、言い出せない、言うのをあきらめているという気持ちが働いていることが多いようです。

その他

  • 本当の事を話したら意地悪されるからです
  • 伝えることによって治療や看護に影響があると嫌だったから
  • クレーマーだと思われたくなかったから
  • ほかの看護師や職員は親切だったから
  • 患者という立場の負い目
  • 体調が悪すぎて伝える気力がなかったから
  • 二度と利用しないから
  • など
最近、患者の「言葉のハラスメント」にストレスを感じる看護師が多くいると聞きますが、患者側の意識はどうなっているのでしょうか。「態度の悪さ」や「処置の仕方」など、応対に不快感を抱いたことがある人は半数近くを占めました。しかし、そのことを病院に伝えた人は全体の7%で、ほとんどの人が我慢している、言い出せない、言うのをあきらめているのが現実です。「言葉のハラスメント」をしている意識はありませんが、不安を抱いていても表出できない環境にあることは、たまった感情が爆発し、自制が効かなくなる可能性をはらんでいるのかもしれません。

「言葉による患者ハラスメント」について、また、このアンケートの結果や内容についてのご意見やご感想は、公式Twitterまでおよせください。

ページの先頭へ戻る