アンケート結果発表

毎月、さまざまなテーマで実施しているアンケート。
一般の方々が注目していることや、
入院経験がある方のご意見など、
皆さまから寄せられた"生の声"をレポートしています!

アンケート結果報告

ヘルスケアアプリの利用に関するアンケート

皆さんは、ご自身の健康をどのように管理していますか? 近年、スマートフォンの普及に伴い、「ヘルスケアアプリ」が増加しています。食事や運動量、体温など、スマートフォンひとつで手軽に健康状態や体調を管理できるアプリを活用している方も、多いのではないでしょうか。今回は、皆さんにヘルスケアアプリの利用状況や利用理由をお聞きしました。

アンケート属性
アンケート期間 2019年8月5日~2019年9月4日
有効回答者 1012名
男女比
年齢分布

(1-1)ご自身の健康について、どれくらい気をつけていますか?
(1-2)あなたの健康への意識は、この1年間ほどで変化はありましたか?

自分の健康にどれほど気をつけているかをたずねたところ、「とても気を付けている」(17.1%)が2割弱、「気を付けている」(55.9%)を含めた比率は、7割を占めました。次に、その健康の意識はこの1年間で変化したか、と聞いたところ、「高まった」が16.4%、「やや高まった」が37.3%を占め、高まった人の比率が半数を超えました。

(1-1)健康への意識

(1-2)健康への意識の変化

(2)あなたは健康管理のために、携帯電話やスマートフォンのアプリを利用していますか。

健康管理のために現在アプリを利用している人は約2割、過去に利用していた人(8.7%)を含めた利用経験がある人の比率は3割を占めました。

(3-1)【現在利用、利用経験者向け設問】利用経験のあるヘルスケアアプリの内容について教えてください。
(3-2)【現在利用、利用経験者向け設問】ヘルスケアアプリを利用することによる健康管理のメリットを教えてください。

利用しているアプリは、「運動管理(歩数、距離、消費カロリーなど)」(67.3%)が最多で約7割を占めました。2番目に多いのが「ダイエット(体重・体脂肪率など)」(41.1%)、3番目は「生理周期」(28.8%)、4番目に「食事管理(食事内容・摂取カロリーなど)」(20.7%)がつづきました。アプリを利用することのメリットは、「記録などに手間がかからない」(61.2%)、「場所や時間を選ばずに健康管理ができる」(49.8%)が上位の回答で5~6割を占めました。健康に対する意識は高まっていることから、便利で手軽なアプリの利用は今後増えていくと思われます。この他、「自分の情報が見える化される」(35.6%)、「健康に対する意識が高まる」(31.4%)、「モチベーションを維持しやすい」(28.5%)、「楽しく健康管理や運動に取り組める」(28.2%)、「自分自身の生活を見直すきっかけになる」(27.8%)というメリットを感じる人も3割前後と多めでした。

(3-1)アプリの内容

(3-2)アプリを利用することのメリット

(4)【アプリを利用していない人向け設問】その理由を教えてください。

アプリを利用していない人にその理由を聞いたところ、「続けられないと思うから」(23.3%)、「どれを利用したらいいのかわからないから」(22.5%)が多い回答でした。これらの回答は、「アプリを利用した体調管理に魅力を感じないから」(18.1%)や「アプリを利用しなくても体調管理ができているから」(14.7%)という明確な理由を上回っています。アプリでできることやメリットをよく知らないために、アプリを利用することに一歩踏み出せない人が多いのではないでしょうか。

その他

  • ガラケーだから
  • 毎月病院に通院している
  • 特に変化を感じず、楽しく取り組めなかったから
  • など

(5)もし、病院がアプリを監修した場合、どのような内容のアプリを監修してほしいと思いますか。

「病院がアプリを監修するとしたらどのようなアプリを監修してほしいか」という問いでは、「病気の診断」(48.4%)、「健康・医療相談」(47.2%)という回答が突出して高く、それぞれ約半数を占めました。我々は身体の不調や異変が起きると不安になります。そのような時に、遠隔で診断・診療してくれたり、医師への相談ができるような仕組みはニーズが高く、かつ病院が監修というアプリならば安心して使えるでしょう。

その他

  • 病院検索ができてそのまま予約も出来たらよい
  • お薬手帳の電子化
  • 病歴や病院歴、処方された薬、今までの過去がすべて見られる、全ての病院で使用できる統一アプリが欲しいです
  • 薬の飲み合わせ
  • 病気の症状を検索して何科の病院に行けばよいか分かるアプリ
  • など
ヘルスケアアプリの利用経験者は全体の3割を占め、運動管理アプリが最も利用されています。メリットは、便利さ、手軽さが上位にあがり、加えて「自分の情報が可視化できる」、「モチベーションを維持しやすい」、「楽しく取り組める」といった声も多くあがりました。一方、これらメリットをよく知らないために、利用していない人も多いようです。近年健康に対する意識は高まっています。病院監修のアプリでは、遠隔での診断・診療や医師への相談へのニーズが高く、これらが手軽にできるようになると、アプリの利用増はさらに加速するのではないでしょうか。

「ヘルスケアアプリの利用」について、また、このアンケートの結果や内容についてのご意見やご感想は、公式Twitterまでおよせください。

ページの先頭へ戻る